高級電気炊飯器よりも、ガス炊飯器をぜひ!!(その②)

高級電気炊飯器よりも、ガス炊飯器をぜひ!!(その②)

またまた、スタッフ 深瀬です。

前回は、「ガス炊飯器」にフォーカスしていましたが、今回はその続きです。もうしばらくお付き合い願いますm(_ _ )m

おさらいですが、「ガス炊飯器」はとても優れたアイテムであるので、ガス栓を増やしてまで使う価値があると深瀬が断言してしまいました(泣)。

今回は、前回からお読みのかたにはさらに「ガス炊飯器」への理解を深めていただくべく、まず、最新のガス炊飯器事情からレポートいたします。

 

今回ご案内させていただくのは…

 

またパロマだ!

 

以前、ガス器具のレポートをUPした時も、パロマさんだったような…      https://gojo-gas.co.jp/powerspot/gas-using/post-7310/

パロマさんと言えばガス炊飯器、ガス炊飯器と言えばパロマさん、というふうに、パロマさんは、家庭用のガス炊飯器炊飯器を手掛けて、なんと半世紀以上の歴史があるそうです。

 

そんなガス炊飯器を知り尽くす、パロマさんが手掛けた渾身の逸品とは…

 


 

炊きわざ!

ちょっと取っ手をつけたようなネーミング(失礼)ですが、名前からしていかにも美味しいごはんが炊けそうなネーミングですよね!

ん?  〇〇わざ…  じゃあコレは…?

 

炊飯器からお話が大いに脱線しますが、パロマさんのガステーブルコンロでは、こんなネーミングのモノもあるんです(ちなみに写真は「あじわざ」初期モデル)。ひょっとしてパロマさん、〇〇わざというシリーズを定着させていく目論見があるのかも!

 

その後はなぜかロゴが横文字になってしまいましたが…(-_-;)

という事で話はさておき、この「たきわざ」、パロマさんが放つ久々の炊飯器とあって、今までにない意匠や工夫が随所にみられます。

 

ちなみにこの「たきわざ」が発売されるまで、パロマさんのマイコン炊飯器(写真はPA-S20MT)はこんな感じでした。ちなみにこの子のデビューは2005年12月。「たきわざ」のデビューが2019年だから、ホンマに久しぶりですよね!  …でも、スタッフ深瀬、この飾り気のない丸みを帯びたフォルムも好きだったなぁ~

また話がズレましたが、この「たきわざ」まず、カラーが赤×黒という、キッチン家電の今はやりのカラーリングを取り入れており、さらに、炊飯器らしからぬフォルムも斬新。

スタッフ深瀬、最初見た時は、ん?ポット?と思ってしまいました 笑

カラーは、赤×黒のほか、白系のカラーもありますよ!

もちろん機能面も充実。ちなみに写真の操作部は、見やすく傾斜がついており、デジタル表示もLED仕様という至れり尽くせりっぷり。

 

そしてこの「たきわざ」ガス炊飯器では初の「ケーキ機能」を搭載。 炊飯器でケーキ…? あまりイメージはないですが、電気炊飯器では標準装備している機種が多いそう。 しかし、写真下の説明文、「ブラウニー」までは何となくイメージは掴めますが、ケークサクレ?タルトタタン? 何ですかそれは…ヽ(´Д`;)ノ

 

「炊きこみごはん」モードももちろん搭載。これもガス炊飯器では搭載している機種が限られています。しかしながら美味しそうな写真です…(๑´ڡ`๑)

そして地味に便利そうな取っ手付き。この「たきわざ」コンパクトなだけに持ち運びにも考慮し、取っ手がついているわけです。

 

あと、「釜」は熱伝導性に優れた「アルミ鋳物」を採用。ガスの大火力×アルミ鋳物の熱伝導性で、お米1粒1粒がムラなくシャッキリと炊き上がります。そして釜には安心の「3年保証」をプラス。

 

いかがでしょうか。「ガス炊飯器」は市場こそ狭いですが、このように、メーカーさんの努力で、ここまで進化を遂げているのです。もう「ガス炊飯器=古い、地味」なんて思わなくなりましたよね?

 

… ということで、この「たきわざ」取替レポートへ移ります。

今回お邪魔させていただきましたのは、五條市田園のあるお宅。    ということでお邪魔しま~す ・▽・)ノ

 

台所に失礼させていただきますと、ドドーンといかにも高そうな電気炊飯器が鎮座。今回なんとコレをガス炊飯器に置き換えられるということで…

 

 台所にはもともとガス栓はありましたが、すでにそちらのガス栓でガスファンヒータをお使いになっていたため、ガス栓を二口タイプに取替したあと、ガス漏れがないかをチェック…(ガス栓の写真がなくてスミマセン)

 

「たきわざ」登場。とはいってもまだ箱の中ですが… 本体はスリムですがやはり箱はデカいです。はい。

 

箱を開けます… 何かスゲェの出てきた( ゚д゚;)

箱から出して、とりあえずキッチン台に置かせていただきます。赤×黒のカラーリングと相まって、炊飯器らしからぬスマートなフォルム。

この取っ手は後々すごく助かるかと思います。そして自慢の釜。

操作部も見やすくシンプルにまとめられていて、スマートなフォルムを崩さないよう、あまり主張していないのもGood!

そしてそして… 高そうな電気炊飯器を押しのけ、見事に定位置を奪取。 このスペースにピッタリとハマるのは、まさにこの「炊きわざ」君のスマートさがなせる業です。

 

「炊飯器ケーキモード レシピ集」も付属。一度、炊飯器で作った手作りのケーキが食べてみたいです(′¬`*) あとこのレシピ集の右側のケーキ、とっても美味しそう…。

… ということで、取替レポートのほうは終了いたします。 台所にガス栓があれば、いや、そうじゃなくても、この「ガス炊飯器」、ガス(LPガスも)をお使いいただいているかた全員におすすめしたいです。この「ガス炊飯器」を使っていただいてこそ、「ガスの良さ」というのを最も実感していただけるのではないでしょうか。と、いうことでぜひご用命をお待ちしておりますm(_ _ )m

 

 

 

 

そして、とっても余談いきます…

 

あつ森やってます。

 

…以前、当ブログで、この「あつ森」のお話はさせていただいたことありましたね!  https://gojo-gas.co.jp/powerspot/tweet/post-5737/  そしてスタッフ深瀬、最近はこの「あつ森」ワールドに現実逃避しまくりです 笑

 

友達とコンサート(?)に行ったり…

幻のレア魚を釣ってみたり…

 

そして友達と一緒に釣りをしたり…(写真の、鳥のようなキャラクターは、スタッフ深瀬の大のお気に入り「セバスチャン君」)

…というわけで「あつ森」ワールドの中にいる深瀬は、リアル深瀬と違ってとってもアクティブ! 一度でいいからリアル深瀬と変わってください(泣)。

 

失礼しましたm(_ _ )m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガス器具レポートカテゴリの最新記事