生きるための出前授業☆

生きるための出前授業☆

五条ガス森子です。

依然 ”新型コロナウイルス感染症”

のニュースが飛び交っておりますが

全貌が分からないから余計に恐怖心があおられますね・・・。

自衛手段としてマスクの着用がありますが、

マスクも品薄状態が続く中

今となっては希少価値のマスクの”つけ方”に注目が集まっています。

わたしも間違っていたのですが、

耳紐の接着部のある面を外側にしてご使用ください

となっているマスクが多いようです。

マスクによって異なるので注意が必要です。

わたしは紐接着部を内側にして装着していました。

確かに外側にすると密着面が増え隙間がなくなるような感じが・・・。

といったように色々なマスクがありますので

マスクの説明書を読み、せっかく使うなら正しく使いたいですね。

 

 

 

さてさて。

様々な感染病から身を守る自衛手段もさることながら

いざ災害が起こった時にどうするのか?

東京都大田区の小学校で4年生の

公開授業の内容がとても興味深かったので

ご紹介。

 

まず授業の冒頭での質問が興味をそそられるのですが

 

Q:自宅の台所で料理中に大地震が発生した場合、

A➔机の下にもぐる
B➔コンロの火を消す

どちらを優先すべきか?」

という質問。

 

みなさんも考えてみてください。

どちらだと思いますか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はA!

でもほとんどの生徒はBと答えたんだそう。

まず

自分の身の安全を守る” 

ことが優先です。

なぜならガス会社の安全対策が進化していて、

大きな揺れを検知すると

ガスの火は自動的に消える

からと説明したそうです。

実際、感震機能がついているコンロでは

コンロが震度約4以上の揺れを感知すると自動消火

してガスを自動的にストップします。

感震機能

出典:安全・安心にお使いいただくために

 

 

また耐震性強化のため、

最近のガス管がPE管(ポリエチレン管)

を使われていることにも驚きの声が上がったそう。

材質が鉄ではなくプラスチックを使用していることは

地震への備えや復旧の工夫につながることに

先生も驚かれたとか。

2020年から

自然災害から人々を守る活動について学習する

という新学習要領が実施されるという。

インフラ(道路・通信・公共施設など「産業や生活の基盤となる施設」)

にも被害が出る可能性を踏まえ、

インフラ事業について教える必要があるのだという。

 

自然災害が頻発する日本で

なくてはならない

生きるための授業

になっていくのだろうか・・・?

 

 

といったまじめな話でした。

 

ガス器具レポートカテゴリの最新記事