渋沢栄一とガス事業☆

渋沢栄一とガス事業☆

五条ガス森子です。

 

アメリカカリフォルニア州のデスバレーで

史上最高気温の可能性の

54.4℃を観測したとのニュースが・・・。

もうそっちの世界がわかりません 笑

一体どこまで上がり続けるのでしょうか?

そして人はどこまで耐えられるのでしょうか?笑

あっ、でもサウナとかはもっと高温ですね・・・。笑

じゃあ大丈夫ですね 笑

とはいえ

殺人鬼的な暑さが続いておりますので

くれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

さてさて。

今日は少しスピンオフのお話になりますが

お付き合いください 笑

 

ガスエネルギー新聞に載っていたお話です。

けど知っていて損はないお話だと思います!

 

来年のNHK大河ドラマの主人公

新一万円札の”顔”として一躍有名になった

渋沢栄一」ですが

突然、渋沢栄一の話にな方も

おられるかもわかりませんが

実は渋沢栄一とガス事業は深い関わりがあるのです。

渋沢栄一は「日本資本主義の父」と称され、

日本初の合本組織「商法会所」を設立したのですが

この「商法会所」は日本で初めての

”株式会社”といわれています。

そんな実業家”渋沢栄一”が手掛けた会社はなんと

500社!ほど

そのすべての設立に

関わったといわれています。

現代でいう、いわゆる

プロデューサーですよね。

手掛けた会社の一例では現在の

みずほ銀行王子製紙

東京海上日動東洋紡績

といった名だたる企業ばかり。

その中に「東京瓦斯」そう現在の

東京ガス

があるんです。

その東京ガスでは初代社長に就任し

手腕を振るったようです。

 

といった渋沢栄一とガス事業の

切っても切れない深い関係!

そんな渋沢栄一の訓言で有名な言葉があります。

 

自然的の逆境に処するに当たっては、
まず天命に安んじ、
おもむろに来るべき運命を待ちつつ、
たゆまず屈せず勉強するがよい。

 

どうにもならない苦しい状況でも、いずれ開かれる運命を待ちながら、怠けたり屈したりせず、1日1日を大切に勉強に励むことが大切。

という意味があるそうです。

今、新型コロナウイルスという苦境にありますが

負けずに1日1日を頑張っていきたいですね!

 

その他にも渋沢栄一の有名な著書に

【論語と算盤】がありますが

それを題材にした本が

買ったまま放置になっているので

また読もうと思います 笑

スタッフのつづりカテゴリの最新記事